​サナモアとは

Sanatory【サナトリー:健康に良い、病を癒す】

More【モア:より一層】

スクリーンショット (156).png

太陽光を病気の治療や健康法に応用した自然療法が光線療法です。

人類は有史以来、太陽光を保健や治療の目的に応用してきましたが、太陽光のもつ作用に注目し、初めて日光療法として、医療の場に取り入れたのは医聖ヒポクラテス(460-375BC)です。

人工光線を放射する光線治療器は、1893年にニールス・フィンゼンにより考案され、彼はこれを用いて、従来不治の病とされていた皮膚結核(尋常性狼瘡)の治療に成功し、1903年ノーベル医学生理学賞を授与されています。

サナモア光線治療器は、彼の考案したカーボンアーク灯の原理を応用し、改良を加えて作られました。

光線療法は、個体の自然治癒力を高めて病気を治すため、適応症が極めて多岐にわたることが特徴です。

スクリーンショット (157).png

​具体的な病名

■内科(呼吸器系疾患)

風邪、気管支喘息。

■内科(循環器系疾患)

高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、狭心症、心筋梗塞。

■内科(消化器系疾患)

口内炎、胃炎、胃潰瘍、急性肝炎、胆石症、膵臓炎、

■内科(肝臓)

尿毒症、内分泌腺・代謝異常の病気(めまい、動悸、頭痛、など)、糖尿病、痛風。

■内科(脳、脊髄、神経)

頭痛、脳出血、脳梗塞、自律神経失調症、レーノー病。

■内科(アレルギー)

花粉症、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、金属アレルギー。

■内科(血液)

鉄欠乏性貧血。

■小児科

麻疹、クル病。

■外科

傷、痔、床ずれ、静脈瘤。

■整形外科

肩こり、変形性膝関節症、骨粗鬆症。

■泌尿器科

前立腺肥大症、膀胱炎。

■皮膚科

アトピー性皮膚炎、汗疹。

■眼科

眼精疲労、白内障、

■耳鼻咽喉科

難聴、耳鳴り、慢性鼻炎、扁桃腺炎。

■産婦人科

月経困難症、更年期障害、子宮筋腫。

■精神科

不眠症、鬱。

より詳細を知りたい場合はお電話ください。

宮城県内より多くの方が来られます。

あなたのご家族や友人でサナモア光線治療を必要としている人がいるかもしれません。

​自分の体と上手に付き合っていくための1つの選択肢として是非ご検討ください。