​津川奈津子の多発性硬化症と光線治療と日常の記録。

宇都宮義真により設立され、光線治療器、カーボンの改良を重ねながら、光線療法の普及活動を八十年以上にわたり続けている。

サナモア光線療法を実際に体験でき、通院治療が可能な施設として平成12年9月1日に目黒で開設しました。 現在、治療院には、宇都宮正範院長(医師)をはじめ、数名の光線治療師が在籍しています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』